グッドコミュニケーションLabo

東京都中央区銀座6-14-8 銀座石井ビル4階

Phone:

03‐6869‐4129(月~金:09:00-18:00)

Copyright © 2017 Good communication Labo. All Rights  Reserved

コミュニケーション

スキルアップ研修

「なぜ部下は指示通りに動かないのか」「モチベーションが上がらないのか」「なぜ上司は話しを聞いてくれないのか」と上司も部下も悩みは尽きません。現在多くの職場でコミュニケーション不足が起因する問題が数多く生じています。ほんの少し言い方を変えてみる、​ものの見方、考え方を少し変えてみる、そんなことを実践するだけでもかなり相手との関係は好転するのではないでしょうか。心理学をベースとした交流分析やアンガーマネジメント、そして自他尊重をベースに相手にものを伝えていくアサーションなど、様々な手法を適宜取り入れながら、職場のコミュニケーションを高め、皆が安心して能力発揮できる職場を作りましょう

やる気を引き出す部下育成

人は皆は自分で考え、行動できる力を持っている。部下の力を信じて、やる気を引き出しましょう。現在の部下育成で何が出来ていて、どこが不足しているのか。現状を客観視し、課題の抽出をしながら、改善していきましょう。そして何よりも部下も一人の人間です。自他尊重の考えのもと、人は何について動機つけられ、どう伝えればやる気が出るのか?ご自身のコミュニケーションの癖や傾向を分析しながら、それぞれの職場の実例にそって、進めていきましょう。上司も部下も健康的なコミュニケーションをとり、気持ちよく仕事を遂行し、結果を出せる職場を作りましょう。

アンガーマネジメント

「ついカッとして言い過ぎた」「なぜあんなこと言ってしまったのか」と自身の怒りの感情を上手くコントロールできないことにより、人間関係を壊したり、職務上においても様々な問題が生じています。アンガーマネジメントは1970年代に米国で始められた心理トレーニングです。現在はビジネス、スポーツ、教育、司法など様々なジャンルで取り入れられている信頼できるプログラムです。現代のように多忙なビジネスシーンにおいては、職業、年齢、役職など関係なく、すべての方々にとり有効なプログラムです。ぜひ一人でも多くの方がアンガーマネジメントトレーニングを通じて、穏やかなフェアな気持ちで健康的なコミュニケーションをとり、豊かな気持ちンタルヘルスの面でも有効なプログラムとなっています。

誉め方・叱り方

研修でお互いの良かったところをフィードバックしてもらうと、誉められたことがないので恥ずかしい、でも嬉しいと、皆様一様に顔がほころびます。日本の教育は叱って育てることが多く、誉めることが苦手な方が多いです。誉めることは相手を元気にします。勇気づけます。お世辞でもなく、相手の心に届く誉め方を実践形式で身に付けましょう。そして叱り方です。昨今ハラスメント問題の影響で部下を叱れない上司が増えています。下手な叱り方で部下が翌日辞めてしまいましたなど、時々耳にする話です。しかし厳しかったけれど、尊敬している、感謝している先輩、上司、先生などはいますか?実は厳しく叱る=嫌われるではないです。では叱る時には何が必要か?どんな言い方や態度、相手との関係はどうありたいか。こちらも実習形式で高めていきましょう。誉める、叱るは互いを成長させる原動力!上手く発揮していきたいですね。

クレーム応対

最初に職場、店舗の現状点検、課題抽出、物理的対応可能なことは直ちに取り組みます。そしてスタッフの日々のCS向上はもちろんですが、不可抗力なクレームもあり、クレームは0にはなりません。日本はサービス大国であり、また現在はストレスの多い時代です。日々様々な形でクレームが発生しています。ご存知の通り、クレーム応対の肝は初期対応です。この部分を間違えなければ大きなクレームに発展することはありません。ぜひ未然防止する力と初期対応能力を磨きましょう。クレーム対応はストレスを伴いますので、トレーニングなくして対応させると仕事への意欲低下に繋がります。まずはクレームの正しい理解、そしてお詫びの仕方など、その職場、店舗にあった実習を行い、最後はお客様からありがとうの言葉がいただけるようにしていきましょう。職場点検や改善はコンサル形式で、その後、不足点を強化するための研修を行うことをお奨めします。

​お問合せ